「千里浜なぎさドライブウェイの砂浜一部消滅」のニュースについて

お知らせ

「千里浜なぎさドライブウェイの砂浜一部消失」のニュースについて

今日の一部テレビや新聞で話題になった「千里浜なぎさドライブウェイの一部が波の浸食で復旧のめど立たず」、「千里浜なぎさドライブウェイの砂浜一部消滅」というショッキングなニュース。

千里浜を走るコースが人気の当店にとってもビックリなニュースだったのですが、いろいろ調べてみると、浸食での通行止めは毎年起こっているようで、そんなに珍しいことではないということが分かりました。

上記画像は砂浜が消失したように見えますが冬の日本海のシケによる一時的なものだそうです。

 

ニュースのタイトルや内容だけ見ると、千里浜ドライブウェイが壊滅したかのような印象を受けるので、心配された方も多かったようです。

ただ、千里浜の情報を発信されている道の駅千里浜さんの情報によると、土木関係の方からお話を聞いたところ『今に始まった話ではなく、毎年同じ状況になっている』とのことです。

毎年冬の日本海の荒波で千里浜は浸食されることが多いそうで、冬が終わり、海が荒れない時期になると砂を入れて復旧し、砂浜を通れるようにしているようです。

冬期間中に波が高くなくても千里浜が一定期間通行止めになるのはそういうことなんだそうですよ。

ですので、春になれば砂が入ってまた通れるようになりますのでご安心ください。とのことでした。

あと、地元の方にお話を聞いて少し思ったことが一つ。

この千里浜が消失のニュースは毎年のように地元メディアなどが取り上げるとのこと。

年々、海岸の幅は狭くなっていて、通行止の日数が増えてるというのは事実だそうですが『千里浜が無くなった』と言わんばかりのニュースの見出しには違和感があったそうです。

千里浜周辺にお住いの方々にとっては、千里浜の砂浜が浸食されるのはある意味冬の風物詩だそう・・・間違っても完全に消失したわけではないことだけは誤解しないで欲しいとおっしゃっていました。

こういうショッキングなタイトルは余計に観光客の不安をあおり、逆に観光客数の減少につながるような気もするので、メディアの方々は目を引くタイトルで注目を上げたいと思うのでしょうが、それによって傷ついている地元の方がいらっしゃるということも忘れないでほしい。

 

あと、補足としましてはニュースでは「復旧のメドが立たない」とありますが間違いではないそうで、今冬は特に日本海側のシケが多く「いつになったら復旧の判断が下せるのか未定」なため、このような表現になっているのではないかということです。

いずれにせよ、県の復旧担当の方々や土木工事関係の方々など多くの方の支えがあって維持されている千里浜なぎさドライブウェイ。
観光業を営む地元の私たちにとっては本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

観光客の皆様も心配なく千里浜に遊びにきてほしいと思います。

全区間の復旧は春ごろになるかもしれませんが、その他の区間は走れると思いますのでお越しの際は当店ホームページにも掲載している千里浜の通行情報や、ライブカメラでチェックしてみてください。

あと、ちなみに千里浜が高波などで走れないときでも、羽咋市や宝達清水町には観光スポットが満載です!

宇宙人に会える宇宙博物館「コスモアイル羽咋」、日本三大縁結び神社の「気多大社」、巨大そりゲレンデやアスレチックのある「眉丈台地自然公園」、登山で人気の「宝達山」、桜の名所「やわらぎの郷」、いちご狩りが人気の「トレジャーふぁーむ」、などなど・・・

羽咋市の観光スポットはコチラ

宝達清水町の観光スポットはコチラ

コロナの影響もあり石川県内の観光施設はお客さんが全然いなくて本当に疲弊しています。

私の知っているだけでも近所のお店で廃業してしまったお店もかなり多いのが現状です。

感染対策もしっかり行い営業していますので皆様、また千里浜や石川県、全国の観光地に遊びに来てくださいm(__)m

当店「観光EVレンタル タビコロ」も最高のおもてなしでお迎えいたします!

新入荷のEV車両も続々と入荷しています!

千里浜観光EVレンタル TABI-COLO 料金・車種ページ

ご予約お待ちしてま~す!!(^_-)-☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました